GO!GO! RENOVE “ Come Together ”

親愛なる解体屋さんへ

解体は何時もドラマチックで、

今回(「N先生の家」)に関しては、痺れるくらいにドラマチックでした。

不要な箇所や傷んだ箇所を取り除いたり、今まで光が届かなかった

ところに光を届けたり、無駄な贅肉を削ぎ落すというか、

プロポーションがどんどん本質に迫っていく…。

リフォームの解体って壊す行為と同時に新たな命を吹き込む、

そんな行為なんだ、と気づくことができました。

 

 

長丁場の工事、ありがとうございました。

解体の依頼はまだまだ続きます。

 

 

新築・リフォーム・不動産に関する不明点やご質問などは、お気軽にお問い合わせください。

このサイトを広める