冬は暖かく、夏は涼しいお家

朝晩とすっきりと涼しくなりました。食欲の秋、到来です。

 

 

さて、今日は断熱の話です。

どうせ家を建てるなら冬は暖かく、夏は涼しいお家に住みたいですね。

瀬戸内エリアは比較的暖かいとはいえ、やはり冬は寒く、夏は蒸す感じで暑いです。

そこを解決するためのキーワードの1つが”断熱性”です。

 

 

U値とか難しい説明はおいておきまして、

一番効果が高いと言われているのがお家の窓の断熱性をアップすることです。

これまでの日本の住宅は、ほとんどアルミとガラスで出来ております。

 

アルミって安いのですが、熱伝導率が高い材料です。

特に外気の”寒い”を部屋の中まで伝えてしまいます。

 

 

そこで最近では、アルミに代わり樹脂の枠がほとんどです。

ガラスも単なるペアガラスではなく、LOW-Eのペアガラスになっております。

さらに掃き出しサッシのような大きな窓は、もう少し断熱性の高いタイプが良いですね。

 

 

断熱性を高めると、お家のコストもアップします。

だけど、光熱費や体の健康を考えると断熱性のアップはおすすめします。

我々も情報収集のため日々勉強しています。

 

新築・リフォーム・不動産に関する不明点やご質問などは、お気軽にお問い合わせください。

このサイトを広める