ホームインスペクションについて

こんばんは。

今年も残すところあと10日となりましたね。

振り返るとあっという間すぎてちょっと時間軸が変な感じです(笑)

ですが、個人的には中身の詰まった年になったかな?と思います◎

来年こそは年相応の見た目と中身になれるように

お仕事もプライベートもより充実させていければと思います!

 

 

さてさて!

前回のブログで少し触れた「ホームインスペクション」についてです。

ホームインスペクションとは、住宅に欠陥や劣化、改修箇所があるかを

確認する住宅診断のこと。

確認するホームインスペクター(=住宅診断士)は第三者的な立場や専門的な見地より

住宅の状況を見極めていきます。

診断箇所は屋根・外壁・室内・小屋裏・床下などの劣化状態を目視で診断。

隠れてしまっている部分は調査が難しいため、物件を購入してリフォームのため解体したとき

補強や修繕が必要になるケースもありますので、ここはリフォーム会社さんとの相談になります。

 

米国では州によって異なりますが、中古住宅購入取引全体の70~90%の割合でインスペクションが

行われているそうで、常識化されつつあるみたいですね。

日本でも急速で普及しつつありますが、米国の割合と比べるとまだまだではないでしょうか?

 

ホームインスペクターとはお家にとって「かかりつけのお医者さま」

大事な住宅を購入される際、また売りに出される際、インスペクションを行うことで

建物のコンディションも知れ、安心して取引を行えるカギとなります。

 

ハッピーホームでもホームインスペクターが在籍しておりますので

ぜひお声がけください(*^^*)

 

新築・リフォーム・不動産に関する不明点やご質問などは、お気軽にお問い合わせください。

このサイトを広める