福山市箕島町新築工事

こんにちは!現場管理の兼田です(^^)/

12月なって今年も残す所1カ月を切りました( ノД`)年末に向けて現場の方も忙しく動いている状況です。

さて新しい新築の現場ですが、倉庫解体後の新築工事になります。

解体後の状況はこんな形になっています。

アスファルトが全面に施工してありましたので、家の建つ部分と水道の配管用のスペースは取らせて頂きました。

次に基礎工事、掘り方に入りまして、砕石を入れて防湿シートを敷いて湿気が上がらないようにしています。

 

その後基礎の鉄筋を組んでいき、第3者機関JIOの検査を受け合格の後、基礎のスラブコンクリートを打設していきました。

しっかりと養生期間を置いたあとは型枠を組んで、今度は立上りのコンクリートの打設になります。

出来上がった基礎がこのような形です。

基礎の上に出ている棒のようなものはアンカーボルトとと言って、基礎の上にくる土台と基礎を緊結させるためのものになります。

今の時期は気温が低く夏の時期い比べると基礎の養生期間を長く取って強度がしっかり出るのを待ったり、基礎屋さんに取って難しい時期になるのですが、いつもきれいに仕上げて頂き感謝です(^-^)

来週からいよいよ家造りのメインの大工工事に入っていきます(^^)/

再来週には上棟予定ですので急な雨が降ったりで予定がズレたりしないよう祈りながら、工事の方進めて参ります(^^)/

 

新築・リフォーム・不動産に関する不明点やご質問などは、お気軽にお問い合わせください。

このサイトを広める