住宅耐震化 耐震診断もご相談ください

こんにちは! 設計の楠本です。

 

皆さんご存知の通り、2011年の東日本大震災に続き、今年4月には熊本で大地震が起きました。
現在も、日本各地で地震が発生しています。
先日(11月7日)の新聞に福山市の住宅耐震化計画の記事が載っていました。

市は、住宅耐震化100%を目指す時期を2030年度としているとのことです。
福山地域には、長者ヶ原断層(福山市本郷町)ー芳井断層(井原市芳井町)があり、この断層で地震が発生した場合、
広島県の最悪の被害想定では、福山市のほぼ全域が震度5強以上となり、地盤が軟弱な市中心部の一部などでは、
震度7となる予想がされています。

1

 

これから新築住宅をご計画をお考えの方は、地盤が軟弱な場合は十分な地盤補強工事をし、建物の隅角にはすべてに、
はり間(ま)、けた行(ゆき)の両方向に壁が直角(L型)にある建物を計画するよう、大地震に耐えれる家づくりをして
ください。

tairyoku_haichi_1

 

新築・リフォーム・不動産に関する不明点やご質問などは、お気軽にお問い合わせください。

このサイトを広める