12月がスタートしました

一気に空気が冷たくなりましたね。さて、12月がスタートです。流行語大賞の発表やらで、年末が近づいているのを実感しております。

最近、ラクシアという水回りリフォーム専門ブランドを立ち上げたのですが、サービスと価格のバランスについて感じている事を。

まず大原則としてサービスがよければ価格も高いということ。車で言うレクサスが良い例ですね。
サービスと価格は比例するんだということを最近思います。

最悪なのは、価格が高いのにサービスが悪い場合。

ちなみに私が言うサービスは、いわゆる無料であげるとかといった無料サービスの事では無いです。

困った時にすぐ駆けつけてくれるとか、何か言う前に持ってきてくれるとか、そういう心遣いのことです。

フランチャイズ等の大手チェーンはある程度マニュアル化されているので、ある程度のサービスは提供してくれる。だけどそれはあくまでもマニュアル化されたサービスで心遣いまでは要求できない。

牛丼屋さんにもたまに心遣いが素晴らしスタッフがいるが、それはほんの一握りで全社員には期待できない。

もちろん我々企業側は企業努力によって、良いサービスをより安い価格で提供する努力はしないといけないが、サービスを提供するのはやはり人なので、良い人材を取り教育するには費用がかかるので、価格を下げるわけにいかなくなる…。

結局何が言いたいかと言うと、飲食店などで価格が安いのにサービスが悪いとかって言うのはやめようと、最近自分に言い聞かせたって話でした。

しかし前述しましたが、我々は良いサービスを安い価格で提供するために努力しないといけないとも考えてますので、日々こういった社内勉強会も行っています。
良い人材でなければ良いサービスはできない。これも基本原則ですので。

IMG_2347.JPG

新築・リフォーム・不動産に関する不明点やご質問などは、お気軽にお問い合わせください。

このサイトを広める